--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2010.02.13(Sat)


同じ痛みに焦がれても
同じ水では生きられない
振り返れば遠い場所で
顔の無い子供が
私に手を振っている
彼の名前は二度と呼べない

同じように色褪せても
違う土で死んでいく
爪先立ちで水の中
泥の底に耳を澄ます
彼の歌は二度と聴けない

(息継ぎをするのも忘れる程に、夕焼けに見蕩れていた)
(夜が来るのも忘れる程に、彼に恋をしていた)




category
original (165) 未分類 (11) cacodemonia (1) link (1) 




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。